茅ヶ崎のそこそこタフなラフな家

身の丈の性能と偏りのコダワリ

身の丈に合った家って?

調子どうですか。

 

急になんですが、家が欲しいって思ったとすると考えちゃうのは予算じゃないでしょうか。

 

どのくらいがいけそうなのかってモヤモヤします。

 

自分の収入に合った堅実なライフプランニング?

いやいや、わたくしのような無計画な者は、あったらあったでいっちゃいますよ。

残業したらした分を晩メシに乗せちゃいますよ。

 

そんなわたくしでも、よく住宅ローンで年収の〇倍くらい借りれるとか見ますが、あれはヤバい感じします。

高い確率でコケそう。

めいっぱいローン組める金額から家を選んでしまうと、まいっちんぐチルダ先生ですよ。

 

ここはぐっとこらえて、我が身の丈を出来る限り俯瞰してみようではありませんか。

 

卑屈なまでに自分をさげすみ、俺レベルが住むであろう家、つまり「身の丈に合った家」にしようと決めると自ずと毎月いけるローンの月額やら必要とする性能やらがぼんやり見えてきたりするかも知れません。

 

そして、自分の身の丈であと何が出来る?どこまでいける?とか掘っていくと、出来る無理が判断できるんじゃないでしょうか。

 

俺ごとき、あなたごときの家を

はっきりさせましょうよ。

 

もちろん、卑屈なまでに自分をさげすんでもなおスペシャルな方は、ローンなんて組まないですからモヤモヤしません。

 

ホント身の丈の過大評価はいけませんぜ。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村