茅ヶ崎のそこそこタフなラフな家

身の丈の性能と偏りのコダワリ

この段差なんなのさ

調子どうですか?

 

ヌォォォォ。ちょっと気まじーことになったぞコレ・・・。

 

・・・あ、失礼しました。

 

じつはですね。

我が家のLDの天井なんですが、L型に天井を下げているんですよ。

これは機能上ということではなく、ただ見てくれで天井に動きをつけたくて。

レッドシダーな部分が天井高2700で、下がってる部分が2400って具合に。

 

以前のものなので内容少し変わってはしまっていますが、パースで見ていただければわかりやすいのかと。

天井の具合はこんな感じ。

奥のキッチン天井からニュ~っと手前にむかってL型に天井が下がってますよね。

f:id:sameo-japan:20190807140528j:plain

 

んで、アングル違うけど現状こんな感じ。

f:id:sameo-japan:20190807142018j:plain

いいね~。下がってるね。

 

 

ん?

 

 

ん~!?

 

 

下がってる部分の天井にフチ?みたいな・・・というか、何だっけこの段差?

f:id:sameo-japan:20190807140509j:plain

 

このままクロス貼られちゃーまずいわ。

フラットじゃなきゃちょっとイメージと違うんだなコレ。

 

気まじー・・・。

 

何が気まずいかと申しますとね。

先日現場へおじゃました際に、これについて現場監督◯川さんにこの段差について確認はしてたんですよ。

すると、クロスの貼り合いだったか、大工の◯賀さんと相談してだったか、この形状が納まり上ベストとおっしゃっていたような、正確には覚えてないんですけど・・・そのような感じのことをおっしゃられていたように記憶してます。

すでにしっかりとフチというか段差というかが出来ちゃってましたし、日頃無理なお願いばかりちらかしているもんでなかなかゴリッと言えなくて、これはこれでどーかなーなんて素人なりの迷走も入り、よくつめずに話終わらせてしまって・・・。

帰ってきて撮った写真を見ながら、いや、でもちょっとこの段差はやっぱイヤだなって。

 

その場でジャッジ、というか「話が違いまっせ」って言えなかったことを後悔しつつも、その夜に設計◯下さんと監督◯川さん連名にて当初の予定通りフラットでいけませんかとメールさせていただくわーけです。

 

そもそも、なんでこーなったかの憶測の話については言及を避けますが、ひとつハッキリ言えることは、設計時に出来るはずだった施主のこだわりの部分が、現場納まり上出来ないと判断された時点で、まずはご相談いただきたかった。

 

ただ、仕事はホントきっちりしていただいているだけに、このままでもどーかとは真剣に悩んだんですがね。素人が見てくれだけで生意気ですけど。

長くなりましたが、これが気まじーって話。

 

さて、どーなる下がり天井。

 

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村


注文住宅(施工主)ランキング