茅ヶ崎のそこそこタフなラフな家

身の丈の性能と偏りのコダワリ

続・この段差なんなのさ

調子どうですか?

 

下がり天井の面はフラットのはずが縁(段差)があるじゃんデ〜ム!

しっかりキッチリ仕事していただいてんですけど、要望と違う・・・全くもって残念な今回のケース。言いにくいし、気まずいしってちらかした前回。
sameo-japan.hatenablog.com

 

どーしてこーなってしまったのか、色々とガスった視界が明瞭になってまいりました。

施主であるわたくし含め、色んな立場の人間が関わってひとつのモノをつくりあげる作業なわけですから、少なからず間違いとかそりゃあるんですよね。

 

今回の場合はこーみたい。

  • 設計サイドと現場サイドの図面理解に相違があった。
  • イメージパースが設計と現場で共有されていなかった。
  • スルガ建設では下がり天井の場合、縁を設けて納めるのが一般的らしい。

つまり、設計サイドはフラットと認識し図面に縁や段の表記、指示はしていない。しかし現場サイドは何も指示のない下がり天井においては、いつものように縁を設けて納めた。と、こんなところなんでしょうか。

よくありがちな、お互いが「だろう」の思い込みってやつでしょうか。

 

まぁ、いいですよ。こーいった類のミスは、発生原因ってそんなとこなんでしょう。

それは仕方がないこととして、それを是正させるか否かですよ・・・。

作業としては不具合ではないのに、見てくれの問題でぶっ壊せって、現場からしたらカンベンって話ですね。いや、コレ大工さんからしたら「言われた通りにやったら、壊せってケンカ売ってんのか」って話ですね。

もうきっと、おそらく、「こまかいメンドクセー施主」を合言葉に是正作業のモチベーションとされるんでしょうか。

 

いや、そんなことはないと思いますが・・・ダメだ後ろ向きになりますわ。

 

でも、しかし、是正してもらいますよ。

もう心は今回どっかに置き忘れたことにさせて下さい。

 

謝んのも変だけど、申し訳ないけど、そのキッチリやっていただいた天井、ぶっ壊して当初計画通りの天井にしていただきたい!

 

夏休み入りましたんで、ちょっと・・・いや、すごく気まずいけど見に行ってみる。

是正工事としては2日目となるようです。

f:id:sameo-japan:20190814004912j:plain

f:id:sameo-japan:20190814013733j:plain

大工の◯賀さん・・・削ってる・・・。

キッチリ丁寧に仕上がった縁を、ただ粛々と自らの手で壊していただいております。

心苦しいし、根気のいる作業だ・・・。

大工さんには、ただただ申し訳ない。とばっちりっスもん。

当然アレ、最初の俺の挨拶はその声の大きさとかの問題ではなく、大工さんには聞こえませんよ。

でもね、俺も邪魔にならないようにその背中にお詫びをするんです。

 

しばらくすると、いつも無口でほとんど話さない大工の◯賀さんが、その重い口を開きます。

 

「何がイヤだって、丁寧に仕上げたもんをぶっ壊すのが一番ヤだね」

 

そりゃそうだ。

そりゃそうでしょう。

経緯をどこまで伝えられてるかは定かではないですが、壊す判断を下したのは紛れもなく俺です。続けてこうも言いました。

 

「でも、これからずっと長く住む家だからさ、出来る限り良くしたいよね」

 

硬い背骨が一本通った重い一言が心にズドンとくるんです。

本気の言葉は宙に浮きませんね。

今までの仕事ぶり含め、我が家は大工に恵まれたと確信に至りました。

f:id:sameo-japan:20190814014704j:plain

下がり天井の縁(段差)の部分がほぼ削り終わった状態で、自分は現場を離れました。

 

翌日、丸2日間を費やす是正工事は完了しておりました。

大工さんはいませんでしたが、クロス屋さんが作業しておりましたので、中をじっくり見させていただきます。

f:id:sameo-japan:20190814015310j:plain

下がり天井の面より板厚分深く削って、部分的な彫りの誤差はパテを均し新たな板が張られフラットになっておりました。

本当に根気のいる作業だったことでしょう。

ありがとうございます!

f:id:sameo-japan:20190814020111j:plain

この下がり天井を見上げては思い出すんだろう。 

背中で語るイルスキル◯賀さん。

Big up !!!

 

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村


注文住宅(施工主)ランキング