茅ヶ崎のそこそこタフなラフな家

身の丈の性能と偏りのコダワリ

バチバチやんのも何かの縁

調子どうですか?

 
ついこの前まで「おめでとうございます」なんて新年を満喫していたのに、もうさすがにめでたくもない相変わらずなルーティン。
変化点としては、今年の正月は新居で迎えたということくらいでしょうか。
 
といってものんびりとまでは出来てなくて、家具やら何やらあーでもないこーでもないと欲望を暴走させておる最中でございます。
きっとペラペラだけど、生活感だけはこってりな WEB内覧会に向けて。
ここに至っては、需要はさて置きそんなのをゆっくりやれたらいいなと考えてます。
 
であればなおさら、未だに終わらない残されし是正工事というやつを早いとこやっつけなきゃなりませんな。
そんなわけで今回は、以前ちらかした問題はその後どーなったんだってとこをほぼ自分の備忘録ですがふり返りたいと思います。
 
まずは、ハウスクリーニングが不完全なんじゃないかってちらかしたそれの顛末。
こういう類は本当に厄介。

sameo-japan.hatenablog.com

工務店側が認識するクリーニングってのと、わたくしたち夫婦が認識するクリーニングってのが、ずいぶんと乖離しておりまして。

工務店側の言い分は「汚れは残ってるけど業者を入れてクリーニングはやりました」って話。
わたくしたちから言わせれば「そもそも汚れをキレイにすることがクリーニングでしょ」って話。
 
噛み合いません。
正直ガッカリ。
 
コレ中古物件の経年による頑固な汚れとかじゃないですよ?
新築にともない発生したオガクズやら作業中についた手垢などでしょ?
当然クリーニング業者による正規のやり直しを求めたわけです。
 
しかしですよ。
 
立場や環境が違えば常識というやつもずいぶんと違うような気がします。
工務店側からすれば、クリーニングはすでに終わっているので業者による再クリーニングは出来ないとのこと。
折衷案として、ひどい汚れが残っている明らかな掃除モレ箇所に関しては工務店営業さんが掃除するということになるわけです。
でも俺まだ言う「そーじゃなーくて、こんな有り様なんだからそのクリーニング業者にやり直し頼めるでしょ!?」
 
出来ないみたい。
 
いや、やってもらってよ。
 
出来ません。
 
・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頑な。
 
何故そこまで頑なか。
本当に存在してるのか?そのクリーニング屋
 
しかしこのままでは一向に進展いたしません。
 
わかったよ。わかった。
誰がやろうがキレイにしてくれればいいよ ケッ
わたくしたち夫婦で掃除ってのはさすがに癪っすよ。
 
ということで、クリーニング業者の存在は謎のままにしておいてあげて、営業さんが掃除をするってので手を打ちます。
少しはこういったアフターにも興味を持っていただけたら親切なのになぁ・・・なんて思ってみたところで詮無き事。
工務店側からすりゃ商売だからしょうがなく関わってるわけだしな ケッ
 
そんなこんなで、キレイにはしていただきました。
こーゆーのが
f:id:sameo-japan:20191025161248j:plain
こーなります。

f:id:sameo-japan:20200128004241j:plain

こんなにキリッとしてたのね。

 

こんなんも

f:id:sameo-japan:20191025161715j:plain

当然こーなります。

f:id:sameo-japan:20200128005238j:plain

さっぱりしたわ。
 
ベタベタ手垢も

f:id:sameo-japan:20191026143717j:plain

こーね。

f:id:sameo-japan:20200128005847j:plain

キレイにするための掃除なんで当たり前ですがね。

わたくしたちでももちろん出来たでしょうけど、量もあるし、なんとなく癪だし。

そこはアレやっぱけじめとして。

 

ハウスクリーニングの問題はこんな感じで幕。

そもそも引き渡しの時に指摘出来なかったわたくしもダメだし、わたくしが特にこまかいのかも知れませんが、こういった建った後にお願いするとスムーズにいかないとなるとストレスですね。
今更ながらアフターの取り組みにおける重要性を、実体験による後悔とともに思い知るわけです。
新築をご検討されている方におかれましては、 建築業者選定の際は知り得る限り注意深く多角的に情報収集したほうがイイかも知れません。
しかし立派な保証とか謳っていても、快く対応してもらえるかどーかなんてのは、やってみないとわからないんでしょうか。
 
お次は、玄関庇の件。
雨水が動線側にポタポタすっから庇の勾配をちょいと調整して逆側に落としてほしいって相談したら、めんどくせぇ やりようがないって話。
「数ミリも動かせません」とまで言われちゃう始末。

sameo-japan.hatenablog.com

 

そんなことっておそらくないじゃないですか。

全くの素人ですがわたくしもシコシコちっさい脳みそ使って諸々調べてみるわけですよ。

すでに情やしがらみからふっ切れたわたくしにおいては、戦闘モードに近いわけですから俄然掘り下げます。
そんでもって素人なりではございますが、疑問点や解決策の提案を工務店へあきらめずに投げてみる。
 
現状これ以上はやりようがないとバンザイされたこの庇の勾配調整はどうなる!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぜんぜんやれる。
 
調整出来ちゃうわけです。
数ミリも上がりませんなんて即答してからに、デタラメじゃん。
 
しかもねぇ、少しも考えずにまだ言うわけですよ「夏は庇が膨張して玄関扉と接触するかも」とかね。
だったらなおさらメーカー推奨勾配まで戻して、確保できたクリアランス内で調整してくだーさい。それはこっちじゃなくそっちが考えること。
推奨勾配より深くついていた勾配を少し上げて水の流れをつくりたい方向に若干落として完了って話です。  
なんだかんだとギスギスし合いながら、なんとか水勾配は逆に出来た。
 
次回別件で来ていただく際に、勾配値を測定できる測定器を持ってきて念のため現状の勾配を値で教えて下さいとお願いする。
しかし後日来ていただいたら、また「そんな機械は持ってません」とか言ってる。
誰もそんな大それた機械なんぞ要求してませんよ。
測定器でいいんです。
 
「ならあります」
 
なんじゃい上げ足取るみたいなこのやりとり。
 
わたくしも生意気なもんですから、そりゃ相手も本当にイヤなんでしょうけどね。
ここに至ってはわたくしも気を使いません。
しっかりとブチキレさせていただきました。
何故にわたくしがそんなにキレてるのか、それもまたお互いの常識が違うので察してはいただけてないと感じましたがね。
 
そんなこんなで庇の件についても、ギスギスしっ放しながらもなんとかまとまる。
 
そりゃ今まで我が家に携わっていただいて、感謝してないわけないじゃないですか。
忙しいんだろうとも思います。
けど、ろくに考えないで開口一番「出来ません」即答じゃ残念過ぎるじゃないですか。
あげくウソまでついて回避することですか?
わたくしのように、ギャンギャンやんなきゃ重い腰が上がんないってのはどうなんだって話ですよ。
おとなしい施主さんだったら、泣き寝入りさせるんですかい。
 
 
 
 
 
 
・・・・・。
 
 
 
 
 
 
なんじゃい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スゲー愚痴ブログ。
 
こんなしょーもないマイナスな記事よく上げてんよな。
けどこんなブログでも、これから家づくりする方々へ「こーはなりたくねぇ」って何らかの警鐘として機能することが万が一でもあれば、こうやってちらかす意味があるのかも知れません。
 
まだ是正箇所残ってるもんで、極力感情の部分は切り離して粛々とやっつけたいものです。
こりゃおそらく個人的な相性なんてのもきっとお互いにあるんでしょうか。
 
けどまぁ、こーやってバチバチやんのも考えようによっちゃアレですよ。
 
何かの縁。
 
きっと意味がある出会い、関わりなんであろうと思っています。
仕事と割り切ってお願いしまーすよ。
 
 
今度家建てるときはアレだな。
娘に頼むべ。笑

f:id:sameo-japan:20200128131410j:plain

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村


注文住宅(施工主)ランキング