茅ヶ崎のそこそこタフなラフな家

身の丈の性能と偏りのコダワリ

ブルーシートの中

調子どうですか?

 

建て方工事初日の夜に、会社帰りチラ見。

少し雨、土台にブルーシートかぶってら。

「明日の朝しっかり見よ」って思ってたら、翌朝パないドシャ降り。

もちろん現場もお休みだったと思います。ブルーシート動かず。

初日の土台、見たかったな・・・なんか損した気分は少し。

 

さて、昨日も晴天、今朝も晴天。ブルーシートも当然お役御免。

出勤前にパシャリ。

すでに床の構造用合板?が一面に敷かれてあって、見たかったあの時のブルーシートの中の景色はもうここにありません。

合板の下、見たかったな。

f:id:sameo-japan:20190523120050j:plain

f:id:sameo-japan:20190523120038j:plain

f:id:sameo-japan:20190523120102j:plain

コレ今どーゆー感じかは、もちろんよくわかってないんですが、景色は確かに変わってる。しっかりキッチリ成長しておくれ。

 

お、これが基礎パッキンってやつだろ〜ウリウリ。

f:id:sameo-japan:20190523120115j:plain

こいつが地味に重要なプレイヤーで、床下の換気を担うべく土台と基礎の間に隙間なく敷き込まれるようです。通気を確保するための大事なやつみたいですね。

ちょっと前までこの場所に35年間鎮座せし家には、基礎側面にネズミの牢屋みたいな開口部があったっけ。

時代も変われば、なんでもシュッとすんな。

 

形になるまでいい天気続くといいけどなぁ〜。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村